5月13日 校内研修会『めざす子ども像』

4月に新年度がスタートしてから1か月余りが過ぎました。

今年度は学校教育目標を『みんなで創ろう 楽しい学校 ~つなぐ つなげる つながる~ 未来を切り拓く人間性豊かな子どもの育成』として掲げています。

この学校教育目標の実現に向けて、子どもたちのこの1か月余りの姿をとらえ、1年間のゴールでめざす子どもの姿とは?そのためにどんな力をつけていくのか、を明らかにするための校内研修会を持ちました。

学年を中心に全教職員がグループごとに集まり、ワークショップ型研修で進められました。子どもたちのことを話し出すと止まらない、、、。エピソードを交えながら、和やかにしかし熱のこもった研修会が進んでいきます。

今の子どもたちのよさをさらに引き出しながら、それぞれの学年の姿を明らかにしていきます。

・前向きに挑戦する子ども・思考を言葉にする子ども・安心して自分の意見を伝え合う~それ、いいやん!これはどう?~・ともだちの思いによりそえる子ども 

などなど、、、。

次にそのために必要な力を考えていきます。

コミュニケーション力、自己有用感、一人ひとりのちがいを受け入れる力、訊く力、判断する力、自分で気づく力などなど、、、。

最後に各学年で話し合ったことを全体で共有しました。

日ごろから、職員室には、子どもたちのこと、授業のことなどを相談し、話し合っている教職員の姿があります。改めて、学校教育目標を念頭に置き、様々な思いや考えを出し合い、教職員がめざす方向性を共有できたことは、とても重要で有意義な時間であったと考えます。

また、先日5月11日には、町内教職員の全体研修として、「めざす児童生徒像の実現に向けたカリキュラム・マネジメント」と題した研修がありました。

今回の校内研修会及び全体研修会をふまえ、『楽しい学校』の実現に向けて、教育活動を展開していきます。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました