5月12日 1・2年生 学校たんけん

例年 ゴールデンウイーク明けの今頃、学校生活に慣れてきた1年生は、「学校たんけん」を行います。今年は、2年生が学校のいろいろな教室について1年生に紹介する形になりました。

今日までに、2年生は、11のグループに分かれ、1グループ1教室を担当し、何をどのように紹介するのかをグループごとに準備してきました。教室表示も作成しました。

まず初めに、体育館で1年生と2年生の顔合わせです。司会進行は2年生が行います。1年生も11グループに分かれています。同じ番号同士のグループで、自己紹介。名前と好きなものを伝えます。2年生から自己紹介をはじめて、1年生には「見本見せるから、真似してね!」と言葉をかけていました。好きなものを言い合って、同じやー!! 少し、距離が近くなりますね。

さぁ、いよいよ「学校たんけん」スタート!!一番最初は、2年生が1年生を引率してそれぞれの分担の教室へ。2年生の担当場所で、教室について説明した後、クイズを出したり、教室の中を案内したり、、、、。

最初の教室が終わると、残りの10か所はマップをもとに1年生だけで回ります。マップに書かれた教室へ行くと、担当の2年生が出迎えてくれます。

1年生は、マップがあっても、そう簡単にはたどり着けません!!

1年生同志で相談しながら次の場所を探したり、2年生に次の場所まで連れて行ってもらったり、通りすがりの6年生や先生に聞いたり、、、、。何度も同じところを通ることも!!

ようやっと、全部を回ることができ、「学校たんけん」は終了しました。そして、この活動の後、1年生も2年生もふりかえりをしました。

2年生は、1年生に伝えるためにそれぞれの役割を果たせた満足感と1年生からの「ありがとう」の言葉に喜んでいたり、友だちの頑張る姿をみつけたりすることができたようです。

1年生は、グループでのふりかえりを全体で発表する中で「次にどこへ行くのか、意見が分かれ、困ったこと」も、友だちの意見から解決に向けてのヒントを得ることができたようです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました