5年 調理実習 「お味噌汁」

今週は、5年生が「お味噌汁」を作ります。出汁は「煮干し」です。具材は、大根、油揚げ、ネギです。班で役割分担をして、実習スタート!

まず初めに、煮干しのはらわたを取って、水に浸します。次に、具材の準備です。

大根を切る人、ネギを切る人、油揚げを切る人、、、、。具材を「猫の手」で押さえながら切っている人も、、、。「大根は、なるべく薄く切ってください。」との指示。薄ーく切れたり、厚みが出たり、、、。自分が切った油揚げを見て満足そうな子どもも。見ると、幅がそろって美しく切れています!!

浸した煮干しを取りだし、火にかけます。具材は大根から。透き通るまで煮ます。子どもたちは、ジーっとお鍋の中の大根を見つめっます。「透き通ってきた!」

油揚げをいれたら、みそを溶き始めました。そっとそっとこぼさないように混ぜて、お鍋の中に入れます!最後にネギを散らして出来上がり。「美味しそう!!」と大喜びです。

煮干しの出汁がきいたまろやかな味わいのお味噌汁でした。何回もおかわりをした子どもたち。後片付けもテキパキ頑張りました。お腹も心も、温かくなりました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました