7月28日 校内研修会(教員ビブリオバトル研修会)

今日の研修は、読書指導に関わる研修会、ビブリオバトルを行いました。

ビブリオバトルとは、「おすすめの本を持ち寄り、各自が持ち時間内で書評をした後、参加者で一番読みたくなった本を選ぶ」というゲーム感覚の書評合戦です。三小では、図書の時間などで行っている学年もあります。

6グループに分かれて、プレゼンテーションを行った後、各グループ内でのチャンピオン本を選び、その後決勝戦を行い、全体のチャンピオン本を選びました。  

プレゼンテーションを実際に体験してみて、、、、。

「紹介したい!」と思う本に出合うために、複数の本を読んだ!これまで読んだ本をもう一度読み直して、その魅力を再確認した!プレゼンテーションするために、効果的な伝え方をかなり工夫した!など、、、。また、様々なジャンルの本に触れる機会になり、ふだん自分では手に取らない本について知る機会にもなり、さっそく読んでみよう!という意欲も湧いてきた教員も、、、、。

三小の図書館教育目標は、①読書を通じて感性豊かな子どもを育てる②「知る喜び、感動する喜び」を体験させるです。これまでも、図書の時間での読書、調べ学習、図書館でのイベントなどを通して、子どもたちへの読書指導を行ってきました。2学期からも「子どもたちが読書のよろこびを感じ、一人ひとりの読書の保障をする」という観点から今回の研修を生かして取り組んでまいります。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました