7月1日 七夕にむけて

『おこだでませんように』くすのき しげのり/作 石井 聖岳/絵 小学館 
 今週の1年生、2年生の図書の時間に、『おこだでませんように』という絵本を読みました。
 このお話は・・・ぼくは、いつでもおこられる。家でも学校でも。休み時間に、友だちが仲間外れにするからなぐったら、先生に、ぼくだけがおこられた。そんな少年が、七夕の日に短冊に書いた願いとは・・・というお話です。子どもだけではなく、大人にもおすすめの絵本です。
 子どもたちは、みんな真剣に聞いていました。最初は題名の意味が分からなかった子も、話の途中や最後には分かったようです。
 今日、1年生は短冊に書いた願い事を笹につけたそうです。習いたてのひらがなで、一生懸命、ていねいに書いている姿が目に浮かびます。どんな願い事を書いたのか、楽しみですね。

おこだでませんように

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました