6月29日(火)課題図書の紹介(3年生・4年生)【図書室】

第67回 青少年読書感想文全国コンクール」の課題図書
今日は、5年生・6年生に引き続き、3年生・4年生の課題図書を紹介します。
・『わたしたちのカメムシずかん やっかいものが宝ものになった話』鈴木 海花/文 はた こうしろう/絵 福音館書店
・『ゆりの木荘の子どもたち』富安 陽子/作 佐竹 美保/絵 講談社
・『ぼくのあいぼうはカモノハシ』ミヒャエル・エングラー/作 はたさわ ゆうこ/訳 徳間書店
・『カラスのいいぶん 人と生きることをえらんだ鳥』嶋田 泰子/著 岡本 順/絵 童心社
1冊、紹介すると・・・
『カラスのいいぶん 人と生きることをえらんだ鳥』
 カラスは、ゴミを散らかす嫌われもの!?でも、カラスにも、いいたいことがあるみたいで・・・。ハシブトガラスを主人公に、人の近くで生きることを選んだカラスの生活を追います。悪いイメージばかりのカラスですが、本当はどんな鳥なのでしょうか?

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました