6月25日 植物を育てる

 1学期は理科や生活で植物の育ち方を学習するので、各々の植木鉢や花壇(畑)でその学年の植物を育てています。毎日の水やりが欠かせません。この時期、登校したら、宿題などの提出が終われば、水をやりに教室の外へと出ていきます。1年生は、「あさがお」2年生は「ミニトマト」3年生は「ホウセンカとマリーゴールド」。

高学年になれば一人一鉢はありませんが、当番制で水やりをする学年もあります。日々、成長していく植物の変化は、毎日の水やりを楽しくしてくれるものです。「花がさいた!」「トマトとれた!」などなど、、、。

 でも、この毎日の水やりも、時々、忘れてしまって、、、。枯れてしまいそうになって、慌てて水をやることもしばしば、、。特に花壇やプランターで育てているものは、当番制にしていることもあり、うっかりが続くことも、、、。

野菜クラブの方が、フルーツトマトを植えた時に2年生に「みなさんは、自分で動くことができるけど、植物は動けません。水をやらないと育ちませんから、しっかり水やりをしてください。」と話されていたの思い出します。

成長を楽しみながらの水やりの日々は、あと少し続きます。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました