5月11日 避難訓練

地震を想定した避難訓練を実施しました。訓練放送が入ると、頭を隠して机の下へ入り、揺れがおさまるのを待ちました。避難開始の放送で仮設校舎から運動場へ次々と避難が始まりました。避難開始から12クラス全員の安否確認を終えるまでにかかった時間は、3分23秒でした。

点呼の間、子どもたちは、静かに待っています。事前に防災学習を行ったことや今日の訓練に対する緊張が感じられました。

今回は、「2次避難」の訓練も行いました。揺れがおさまり、校舎に戻る時、職員による建物の状況把握を行います。その安全が確認されたとき、教室に子どもたちとともに、戻ることになります。その学習です。

避難時と同様に、静かに戻るという目標をもって、「2次避難」をおこないました。

今後も、様々な場合を想定した訓練を実施していきます。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました