いよいよ 「あ」?!

いよいよ、ひらがな学習スタートが近づいてきました。昨日、「いろんな『あ』」の学習をしていた1年生。「いろんな『あ』」の学習とは、いろんな「あ」を声の大きさや気持ちを込めて、声に出していきます。

黒の点が 「あ」を表しているので、大きな黒丸の時は、大きな声で「あ!」小さな黒丸は小さく、階段状にならんだら、ドレミファソラシドのように声の高さを高くしたり、、、。リズムよく、発声していきます。

そして 「いろんな あ」の詩

あっ あーってふしぎだな

(大きな声で)「あ」

(小さな声で)「ぁ」

(みじかく3回)「あ あ あ」

(ながーくのばして)「あーーー」

(うれしい声で)「あ」

(かなしい声で)「あ」

(びっくりしたよ)「あ」「あ」「あ」

(なんでやねん!)の「あーーーー」

声を出すこと、みんなと声をあわせてみて感じる心地良さ。子どもたちは、喜んで声を出します。表現力たっぷりに、、、。詩を楽しんだ後、いよいよ、、、、。

取り出したのは、「紙粘土」?!

「あ」をねんどで作ります。

紙粘土を袋から取り出し、(取り出すのも1年生にとっては一苦労。袋にくっついているねんどをはがし、袋をめくり、はんぺんみたいな紙粘土をやっと取りだします。1年生の小さな手。大きな紙粘土!)

そして、四つにちぎって、一つひとつを順番にこねていきます。こねて伸ばして、また、こねて、ビヨーンと伸ばします。

先生のよりも、ながーく ビヨーン!「チーズみたい!」紙粘土を指でのばす感覚に大喜びの子どもたち。そして細長く成型していきます。両手の掌を使って、伸ばしていく子、粘土板を使って伸ばしていく子、、、。

「ぼくはそうめん職人!」「へびみたーい」

3画目は、想像以上に長いので、文字に合わせてみては、またのばして、、、。

できました!「あ」の文字。

大きな「あ」ができあがりました。文字を覚えるだけでなく、学習する楽しさを感じてくれたことでしょう。本当に、いよいよ、、、明日から始まります!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました