教職員研修会(School Empowerment事業)  

 今年も、大阪府より「School Empowerment事業」の指定を受けて、研究を進めてまいります。少人数国語を担当している大國がSE担当として、国語を中心に各学年の担任とともに授業研究を行います。「話し合い活動の充実を目指した授業づくり~より確かに伝え自己表現力を高める~」という研究主題のもと、説明文教材の研究をはじめて、3年目になります。三小では、これまでお伝えしてきた通り、様々な授業で、「対話」を取り入れています。ホワイトボードも活用しながら。子どもたちが、自然と向き合い相談したり、話し合ったりする姿も多く見られるようになっています。

 今年度の研究スタートにあたり、担当より教職員全体に研究の概要の説明を行いました。

 今年度から着任した教員も含めて、これまでの研究の流れや成果の確認、そして、今年、目指すべきポイントなどパワーポイント資料を使いながら、時には、教員に質問しながら、進めていきます。子どもたちの学びに向かう力を育くみ、確かな学力を積み上げていくために、一部の教員(学年)ではなく全体(どの学年も)が、同じ目標に向かって具体的に進めていくことが、何より大切なことです。昨年度の研究で積み上げたものをその学年を引き継いだ教員が確認をするための資料も配布されました。

今後も、子どもたちの学びの姿を発信していきます。 SE通信も合わせてご覧ください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました