大地震がおきたらどうする?〈本の紹介〉

ブログ

防災・防犯シミュレーション(全3巻)国崎信江/監修 こどもの本のほるぷ出版
1巻『大地震そのときどうする?』
2巻『気象災害そのときどうする?』
3巻『身近な危険そのときどうする?』

 この本は様々な危険をマンガとイラストでシミュレーションし、クイズ形式で「もしものときにどう行動すべきか?」を考えながら学ぶことができる本です。今から10年前の2011年3月11日には東日本大震災がおこりました。また、3年前の2018年6月17日には大阪府北部地震もおこっています。地震はいつおこるか分かりません。三小では折に触れて、防災について考える時間をもうけておりますが、この本は考える前や考える際、考えた後にとても参考になると思います。ご家庭でもお子様と話し合いながら、クイズをだしあいながら読んでみてほしいです。気象災害(大雨や台風など)や身近な危険(ゆうかいやSNSのトラブルなど)についてのお話もあります。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました