3月1日(月)「学校だより 3月号」

お知らせ

 ヒメオドリコソウ
 野菜クラブさんが夏野菜をつくってくださっていた畑。今は雑草が生い茂っています。
 登校してきた子どもたちも「わあ、雑草がいっぱい!」
 すると、ある女の子が「雑草ちゃうで。ヒメオドリコソウやで。」

 なるほど、よく見ると、愛らしいピンクの花が点々と。
 「ホンマや。可愛い!バレリーナがピンクのチュチュ着て踊ってるみたい。」という声も。
 「雑草」と捉えていたものが「ヒメオドリコソウ」という名前を得て、クルクル可憐に舞う踊り子のようなイメージをまとったものとして心に宿る‥‥草花に限らず名を知ることで、世界の見え方がちがってくる、というのは大げさでしょうか。


 「学校だより 3月号」をお届けします。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました