2月25日(木)「決意表明に向けて②」「身近な珍しいいきもの展」

ブログ

 6年 国語「決意表明発表会(これからの社会をどう生きていくか)に向けて」
前時にP Cルームで社会の様々な課題について、そして対策として自分に何ができるかを整理した6年生。縦軸を「取りくみやすさ」、横軸は「必要度」という座標系に。
 P Cルームで作成したものをプリントアウトして各班ごとに机上に置き、子どもたちは他の班がまとめたものを見てまわります。その際様々な意見や考えに触れ、「いいな」「なるほど」と自分の琴線に触れたものをメモして、後の決意表明作成の時に役立てます。

先生からは、次のようなアドバイスが。
 「必要度は高いけど、取りくむのは難しい、時間がかかりそうというDゾーンを中心に考えるといいよ」
 今の自分には難しいかもしれないけど、長期的な目標を持って臨めるもの、ということですね。

各班が整理したものは、他の学年にも読んでもらえるように教室前に掲示しています。

 「身近な珍しいいきもの展」
 22日(月)より保健室前で掲示されている「身近な珍しいいきもの展」。今回もPTAいきふれ担当の方々が準備してくださいました。
 島本に生息するヒメボタル、ブラックバス、ライギョ等の紹介です。環境について学んだ学年もありますし、子どもたちも親近感をもつことと思います。
 また、展示を見ての子どもたちの感想も紹介します。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました