2月22日(月)「PCで問題を整理して~決意表明に向けて」

ブログ

 6年 国語「社会問題について整理しよう」
 これまでの国語の授業で社会問題についても意識が向いた6年生。情報化社会について、環境問題について、人口問題について、コロナ禍について等……それらの問題についての意見や対策を整理しました。

 今回は整理する際、縦軸を「取り組みやすさ」、横軸「必要度」という座標系(二次元座標軸)に整理していきます。自分の考えた意見はどのあたりに位置するのか……。
 スカイメニューの「発表ノート」という機能を用いての学習。同じグループごとに一つの座標系で付箋を貼るような感じでカードを動かしていくのですが、他のメンバーが書いている意見も同時に確認することができます。

 座標系に整理しながらも、同時に何か調べたくなったら並行してネットで確認。また、テーマごとに色分けする等、視覚的にも分かりやすくなるよう工夫していました。
 同じグループの他のメンバーの意見や考えを瞬時に整理して把握できます。子どもたちは手慣れた様子でカードを動かし、「このカードは、この場所の方がええんちゃう?」「なるほどなあ」等、アドバイスや評価をしあっていました。
 新年度から児童一人一台用意されるタブレット。そうなると、このような作業が教室でさっと行うことができます。

 この学習は、最終的に決意表明(これからの社会をどう生きていくか)につながっていきます。卒業を控え、どのような言葉が紡がれるのか楽しみです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました