2月19日(金)「伝言板」「学級討論会をしよう」

ブログ

 5年 図工「伝言板づくり」
 図工室で、5年生が伝言板づくりに取り組んでいました。
 糸鋸で好きな形に切ったボードに、思い思いに絵を描いていきます。地図、陸上競技、ピアノ……、一人ひとりの世界観(?!)、好きなもの、こと、こだわっていること、今はまっていることetc.がうかがえて、楽しい(^^)/
 ボードの一部にホワイトボードを貼って完成。この部分に誰かへのメッセージを。

 6年 国語「学級討論会をしよう」
 作家・演出家の鴻上尚史さん、ジャーナリストの池上彰さん、二人の意見文を読んで、自分ならどちらの主張に賛成かというテーマで討論会をしました。
 6年生の国語は、SE担当(少人数国語)と担任とのT・T(チームティーチング)で授業をしています。

 本時のめあては「二つの文章の主張をもとにして学級討論会をしよう」
 「インターネットの必要性」について池上派(肯定派)、鴻上派(否定派)に分かれての討論会。「自分の経験に関連付けて」ということを意識しながら意見を述べます。

 勝ち負け(相手側を言い負かす)にこだわるのではなく、異なる立場の言葉にも最後まで耳を傾ける。その上で、自分の考えに固執するのではなく、別の視点からも考えてみる。……当たり前のようで、なかなか難しい。
 自分の経験をもとにしながら、懸命に言葉を紡ごうとする子どもたちの姿がステキでした。次の授業では、今回の授業をいかしながら、これからの社会の問題について考えていきます。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました