2月15日(月)ぺらぺらとした形がいっぱい【給食】

ブログ

◇今日の献立◇
わかめご飯
高野豆腐のオイスターソース炒め
ワンタンスープ
牛乳

今日の給食は、「わかめご飯」が好評でした。
1年生の給食の様子を見ていると…。
給食が始まってまだ10分経たないうちに、「わかめごはん、おいしい。」。
お皿を見ると、本当にわかめご飯が入っていたのか!?と思うほど、きれいに食べていました。他の学年でも好評だったようです。

「高野豆腐とオイスターソース炒め」
凍り豆腐・豚もも肉・白菜・たけのこの水煮・にんじん・小松菜が入っていました。味付けのベースが、オイスターソースなので少し中華料理のような味がしました。
今回使ったのは小さく平べったい高野豆腐ですが、オイスターソースと炒めてもおいしいかったです。

「ワンタンスープ」
児童たちは、ワンタンが好きなようです。
あの、つるつる感がいいのか、量を増やす児童をよく見かけました。
ワンタンスープも、ほとんどのクラスで完食できていました。

~ 嬉しかった出来事(図書×給食編) ~
以前、5年生のクラスで図書担当と給食担当が本の紹介を行いました。
阪神淡路大震災ということもあり、「世界を救うパンの缶詰」という本の紹介をしました。この本は、阪神淡路大震災の被災者からの声で、世界で初めてパンの缶詰を作った人のお話です。この本を紹介している中で、パンの缶詰の実物を持っていきました。
それから数日後、児童からこのような報告がありました。
「パンの缶詰、家で食べてみてん。」
児童があのイベントを通して、パンの缶詰の興味を持ってくれたことが嬉しく思いました。
児童は「コッペパンみたいやけどふわふわしてた。」と教えてくれました。
いつ何時地震が起こるか分からないので、イベントを通して非常食の大切さが伝わったら嬉しいなぁと思います。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました