1月25日(月)「大なわの風景」「お話の世界に迷いこんで」

ブログ

 先日「短なわ」の様子を紹介しましたが、「大なわ」も冬のこの時期活躍。体育時、休み時間、「大なわ」を楽しむ子どもたちの姿がよく見られます。
 「大なわ」は一人ではできません。いろんな形での友だちとの関わり合いが見られ、アドバイスも飛び交います。
 「なわが地面に着く音が聞こえたらスタート!」
 「真ん中まで走って行って跳ぶねん」
 「着地したら、まわしてる人のすぐ横に走り抜ける!」
 連続して続いた時の一体感が嬉しい。仲間づくりにも一役かっている「大なわ」です。

 2年 図工「がまくんとかえるくんといっしょに」
 がまくん、かえるくんの世界に迷い込んだ自分。何をして遊んでいるのかな。
 タイトルを眺めるのも楽しい。
 ちなみに左の作品は「たのしいバランスボール」右は「きれいな空でバーベキュー」

「3人でシュートれんしゅう」「夜空がきれい」

 「オバケのおじさんだいしゅうごう」「冬のがまくん」(がまくん、雪だるまに)

 「かえるの刃」「水ぞくかんでジンベイザメを見てる」

 がまくん、かえるくんシリーズを並行読書して様々な表情の二人に出会った子どもたち。それもイメージを膨らませる一助となったのかもしれませんね。国語科と図工科とのコラボです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました