11月26日(木)「タグラグビー」「くま手チャート~思考の整理」

ブログ

 2年 体育 「タグラグビー」
 体育館で、2年生がゴムのラグビーボールを楽しそうに投げたり受けたり。これは、タグラグビーという競技に向けてのパス練習です。
 試合のルールは、タックルの代わりに相手側の腰につけてあるカラータグをとり、タグをとられたら動けないので味方にパス。相手の防御をすりぬけながら向こうの壁にタッチするというもの。途中でボールをとられたら、試合終了。

 友だちの試合観戦をしながら、子どもたちは応援するのではなく、良いところを見つけていきます。試合終了後にパスの出し方、動きの良さ等、たくさんの感想が挙げられていました。このように体育においても、意識的に言語活動を取り入れています。

 6年 社会「戦国の世の天下統一」
 信長・秀吉・家康が活躍する「戦国時代」は子どもたちに人気があります。
 本単元では、3人の中から好きな武将を一人選んで調べる活動を計画しています。その際「くま手チャート」を使用。「くま手チャート」とは、先日紹介したシンキングツールの一つです。
 「生い立ち」「戦い」「政治」の項目はマスト、あと2項目は自分で決めてまとめていきます。このチャートは、後のプレゼンに向けての設計図のような役割もあります。知識を観点別にしてまとめる、3武将の同じ観点どうしを比較するという活動が展開されるのですが、子どもたちがそこからどんな考えや感想を持つのか楽しみです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました