10月16日(金)さくさく…ほろ苦い【給食】

ブログ

◇今日の献立◇
ごはん
わかさぎの天ぷら
焼き豚と野菜のお浸し
味噌汁
牛乳

今日の給食は「味噌汁」が好評でした。
具材は、とうふ・たまねぎ・にんじん・ほうれん草が入っていました。
調理員さんが、食缶の片づけをしているときにこんな話をしていました。
「みて、このクラスの食缶。きれいさっぱりなくなってるよ。」
「気持ちいいね。」
「きっと、お味噌汁が美味しかったんやで。」

「わかさぎの天ぷら」は少しほろ苦い、大人な味でした。
3年生の児童と休み時間にすれ違った時、こう言っていました。
「わかさぎ、苦いからいや。」
わかさぎは少し苦く大人の味だから、残食多いのかな。と思っていました。
しかし、この想いはくつがえされました。
2年生の教室を見ていると、7人もの児童が量を増やしていました。
増やす量も山盛り……。
少し話を聞くと…。
「魚美味しい。」「サクサクしてる。」
児童が食べているとき、いたるところで”サクサク”といい音が聞こえていました。

「焼き豚と野菜のお浸し」は、
焼き豚・白菜・にんじんといった具材が入っていました。
かつおだしのいい香りがして、”ほっ”とする味付けでした。

今日の出来事

3年生の児童と廊下をすれ違ったとき、こんな話をしていました。
 児童 「今日の給食美味しいん?」
給食担当「美味しいよ。」
 児童 「絶対に美味しい?」
給食担当「先生は、好きやで。」
というやり取りを3回ほどしました。
児童は毎日の給食に、興味を持ってくれているのかな?と思う出来事でした。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました