10月16日(金)「教室風景いろいろ」「緊急時引き渡し訓練」

ブログ

 2年 図工「思い出を形に」
「今まで家族や友だちと過ごした中で、心に残っていることをねん土で表現しよう」

 教室の後ろに粘土で作った作品がずらり。ミニチュアの世界を覗いているよう。細部にまでこだわって作られています。
 ☝ 写真のタイトル 左は「かぞくでおとそをのむ」お正月風景ですね。
 作成者の言☞「おとそ、バナナみたいな味がするから好きやねん。お正月も大好き。おせちのお豆さんも、甘いから好き」
 右は「かぞくでキャンプ」
 作成者の言☞「お父さんとお母さんと妹二人でキャンプに行ってん。池があってザリガニつかまえた。夕方にトンボも帽子でつかまえたのが楽しかった」

 タイトルは「びかんちくの船」
 作成者の言☞「倉敷の美観地区でお舟に乗った。お母さんとお父さんとお姉ちゃんで。まわりの景色がきれいやった。川に木の枝が垂れているのもきれい。おっきい鯉も泳いでた」

 川面に柳の枝が揺れている風景も、美しいものとして心に残ったんですね。2匹の大きな鯉が、舟と並んで泳いでいます。
 並べられた作品は、どれも子どもたちの記憶のページを覗いているよう。生活があり、遊びがあり、見入ってしまいました。
 子どもの思いがギュッと凝縮されたような空間。ミニチュアワールドに息づく人たち。

 6年 修学旅行への取組
 6年生の始業前の教室の黒板に書かれた担任からのメッセージ。(ところどころ、子どもの落書きも添えられていますが(^_^;))
 旅行は行くまでも楽しい。それは、修学旅行も同じ。
 小学校生活の最高の「想い出」になるよう、取組が始まります。

 緊急引き渡し訓練
 14日(水)、緊急引き渡し訓練を行いました。保護者の方々には、多数ご参加いただきありがとうございました。
 訓練開始までに、各クラスで訓練の意義や流れを説明し、開始後は引き渡しカードを確認しながら引き渡しを行いました。
 今年度の前半は、「防疫」「熱中症」が重点対策になりました。今回の訓練の反省も踏まえ、今年度後半は昨年度同様、防災教育にも視点をおいて教育活動を進めてまいります。また、教職員研修として「日本赤十字社」の方をお招きし、「防災教育」について学ぶ機会も設定しております。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました