9月24日(木)9月おすすめの本~動物のお話など~【図書室より】

ブログ

B棟1階の図書コーナーには、以下の本を置いています。
〈 1年生 2年生 〉
「ごめんね ごん」
「えほん・フォトかみしばい14 アカトンボ」
〈 3年生 4年生 〉
「助かった命と、助からなかった命~動物の保護施設 ハッピーハウス物語~」
「WONDA超はっけん大図鑑③ 雲と天気」
〈 5年生 6年生 〉
「旅猫リポート」
「いのちをつなぐ~セラピードッグをめざす被災地の犬たち~」
以上の6冊です。

9月20日から9月26日までは「動物愛護週間」です。
動物の絵本や本はB棟1階の図書コーナーにも置いていますが、その他にも・・・。
「まほうのえのぐ」 林明子/作・絵
「セロひきのゴーシュ」 宮沢賢治/作
「神出鬼没!月夜にドッキリ」 岡田貴久子/著
などがあります。
動物の絵本と言われて、1番に思い出すのは「ずーっと ずっと だいすきだよ」(ハンス・ウィルヘルム 絵と文)という絵本です。
このお話は1年生の教科書に載っていますが、私もちょうど1年生のときぐらいに読んでいたことを思い出しました。
大人になった今、改めて読み返すととても感動しました。
(昔、飼っていた愛犬と重なった、ということもあり・・・。)
ぜひ、みなさんも読んでみてくださいね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました