7月15日(水)「月々の生活目標」「植物のつくりと育ち~既習事項や自分の経験・体験と重ねて予想しよう~」

ブログ

集団育成委員会 三小スキル担当より
 今年度より、校舎の様々な場所に「生活目標」の掲示を始めました。教職員と児童が同じ目標を持って、より過ごしやすい学校をめざしていきたいという気持ちでつくりました。
 現在、生活目標の掲示は、仮設校舎A棟の下足室、階段踊り場、仮設校舎B棟の下足室、職員室前にあります。毎朝、子どもたちを出迎える先生がそれを指さして指導をしたり、教室で「こんな掲示がしてあった!」と月初めに話をしている光景も見られました。学校が誰にとっても気持ちよく、安心して過ごせる場になるよう、これからも取り組みを続けていきたいと思います。

6年 理科「植物のつくりと育ち」
 6年の教室から「え~っ💦」と不満そうな声。どうやら雨のため、戸外での実験ができないことにガッカリしたようです。授業では、理科への興味関心を持てるよう、観察や実験を重視した体験型の授業を展開することを心がけています。子どもたちも楽しみにしていたようですが、仕方がない。この日の授業は教室で取り組めることを……。ということで、「葉まで運ばれた水はその後どうなるのか」について予想を出し合いました。
 理科でも学校全体の教育目標である「自己表現力やコミュニケーション力を育成する」ことを意識しています。まず個人で自分の考えをノートに。その際、そう予想した理由や既習事項、自分の経験、体験も想起するよう促します。
 子どもたちからは以下のような予想が出ました。


*そのまま葉から蒸発する。なぜなら植物も人間と同じように呼吸していると思うか ら。
*葉から蒸発すると思う。なぜなら、サボテンの葉のトゲは葉からの蒸発を防ぐため、と聞いたことがあるから。
*家庭科で、葉からの水分蒸発を利用して涼しくする「グリーンカーテン」のことを知ったから葉から蒸発すると思う。
*葉の中に溜まっていき、これ以上無理、となったら下にポタポタ落ちていく。etc.

他教科(家庭科)で学んだことと関連づけて考えられていることも嬉しいですね。
           デジタル教科書、活躍しています。 ☟

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました