6月29日(月)「支え、見守っていただいています〜学校協議会〜」「学校にはいろんな人の “思い” が息づいています」

ブログ

 26日(金)、第1回の学校協議会を行いました。この会のメンバーは、元学校管理職、町の教育活動に広く関わって来られた方、PTA役員、そして校長、教頭、首席です。委員の方々には、いつも学校運営に係わってあたたかい、時には厳しい意見もいただいています。学校にとっては有難い応援団的存在です。今回も学校休業中やこれからの教育活動に係わって、有意義な意見や課題を多くいただきました。やはり、顔を合わせての“対話”は楽しい。😊
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
【協議内容】
・休業中~学校再開後の学校の状況等説明
・学校教育目標及び経営方針についての説明
・今年度の研究の方向性、カリキュラムマネジメント、図書館教育、防災教育についての説明
・年間行事について


 コロナ後の“萎縮・自粛”(?!)を越えた人間的つながり、オンラインならぬオフライン(現実世界)でのつながりを取り戻していきたいなあ‥‥と思う今日この頃。もちろん、第2波に備えてのオンラインの可能性も追求しながら。

 仮説校舎A棟の1Fに、鍵盤ハーモニカの整理棚が置かれています。これは、2年前、当時の警備員さんが作ってくださったものです。移動しやすいように底には車もつけられ、玄人はだしの出来栄えです。また、仮説校舎は角張ったところがゴムでカバーされています。これは、仮説校舎を設置してくださった業者さんの、子どもたちが危なくないようにという配慮からです。今はもう学校にはいらっしゃらない方たちのステキな置き土産。学校にはいろんな方々の、子どもたちへの思いが至る所に息づいています。あらためて、見えない手によって助けられ、見守っていただいているんだなあと。もちろん、現在進行形も‥‥。先週、野菜クラブさん、カラス除けのネットをかぶせてくださいました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました