6月16日(火)「ホワイトボードの活用」

ブログ

中庭の方から、何やら威勢のよいかけ声のようなものが聞こえてくるので「一体、何事ぞ?!」と見に行くと‥‥。中庭に階段出現!!(パステル調の愛らしい黄色です) 仮囲いで見えなかったのですが、南館からの非常階段が完成していました。あの声は、階段上の職人さんから下にいる職人さんへ、道具や機材を手渡す時の声? チームワークが大切なのはいずこも同じですね。
今まで、感染症対策一色の感でしたが、これから防災訓練(新非常階段も利用して)含め、防災教育にも取り組んでいかなくては。

4年 国語
4年生の教室では、昨日紹介したホワイトボードが配布されていました。A4サイズのボードが入る袋を各自用意して、必要な時にすぐ取り出せるよう机の横にかけておきます。少人数国語科担当が、この1年間、国語科の授業で大切にしたいことの一つとして「三つの対話」の話をしました。「友だちとの対話」「先生との対話」もう一つは「誰との対話?」という問いかけに、すぐに「自分との対話」をあげていました。物語を読むとき、文章と対話するのも自分との対話になりますね。
時間の終わりの方は、ホワイトボードを使って担任にかかわる〇✖クイズ。楽しい時間を過ごしました。いろんな活用の仕方があります。

1年生 算数
算数の分解でホワイトボードを活用。
「10はいくつといくつ?」先生が「8」というと、子どもたちは「2」と書きます。一斉にボードを挙げて、お互いに見せ合いっこ。なんか、ゲーム感覚で楽しい。
こんな使い方もありますね。
書くときに誰かが「わかった!〇や!」 それに対して「もう、言うたらあかんやん!」とチェックするのも微笑ましい。(^^)/

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました