5月21日の詩

ブログ

行為(こうい)の意味(いみ)
  宮澤(みやざわ) 章二(しょうじ)

あなたの〈こころ〉はどんな形(かたち)ですか
と ひとに聞(き)かれても答(こた)えようがない
自分(じぶん)にも他人(たにん)にも〈こころ〉は見(み)えない
けれど ほんとうに見(み)えないのであろうか

確(たし)かに〈こころ〉はだれにも見(み)えない
けれど〈こころづかい〉は見(み)えるのだ
それは 人(ひと)に対(たい)する積極的(せっきょくてき)な行為(こうい)だから

同(おな)じように胸(むね)の中(なか)の〈思(おも)い〉は見(み)えない
けれど〈思(おも)いやり〉はだれにでも見(み)える
それも人(ひと)に対(たい)する積極的(せっきょくてき)な行為(こうい)だから

あたたかい心(こころ)が あたたかい行為(こうい)になり
やさしい思(おも)いが やさしい行為(こうい)になるとき
〈心(こころ)〉も〈思(おも)い〉も 初(はじ)めて美(うつく)しく生(い)きる
それは 人(ひと)が人(ひと)として生(い)きることだ

~~ この詩は、あたたかい思いやり・やさしい行動は人に伝わるよ、と書いてあるのだと思います。〈心〉や〈思いやり〉のような目に見えないものも、行動におこせば目に見えます
私もそんな行動を心がけたいなぁ、とこの詩を読んで考えました。
みなさんは、どう考えますか? ~~

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました