2月19日 給食

ブログ

ごはん
わかさぎのかりん揚げ
千切大根と小松菜のソテー
そぼろ汁
牛乳

今日の給食は「わかさぎのかりん揚げ」が好評でした。
でんぷんなどで揚げたわかさぎに、黒糖や酢・酒・醤油でたれを作りかけたものです。
食感は、サクッとしていて甘さの後にふんわり酸味を感じるような味でした。
5年1組の給食の様子を見に行ったのですが、
「いつもの塩味よりも、甘くておいしい。」「おいしかったから、おかわりした。」と児童が言っていました。

「千切大根と小松菜のソテー」は、
「野菜好きやから、おいしい。」と児童が言っていました。
中には、「野菜嫌いやから嫌。」という児童もいました。
因みに、大根は食べる部位によって味が異なります。
例えば、大根の首の部分は甘みがありおろしやサラダにお勧めです。
根の方へいくほど、辛味が強くなり、先の部分は薬味として使われているそうです。
大根を買うときは、1回試してみてください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました